未分類 0 Comments

ラバーカップを使ってもつまりが取れない場合は、配水管に水に溶けない物が詰まっている可能性があります。また配水管自体の不具合である場合も。その時はやはり専門の業者に依頼したほうが良いでしょう。

また、詰まっているものがわかっていてそれが水に溶けるものなのにラバーカップでは取れない場合、お湯を使った処法があります。この方法を行う前には必ず窓やドアを開けて換気をしてください。用意するものは重曹と穀物酢とぬるま湯です。これを今の順番に便器に流していきます。この時使うお湯は必ずぬるま湯にしてください。熱湯をかけてしまうと、便器は陶器で出来ているため熱で膨張して便器が割れてしまうことがあります。そうなると修理もできなくなってしまうので気をつけましょう。ぬるま湯の目安としては手で触れるほどの熱さが良いです。穀物酢を流すと、化学反応で泡が立ち二酸化炭素が発生します。換気は十分に行ってください。すべて入れたあとは一時間ほど置いておきます。この際、途中でラバーカップを使用してつまりの緩みを確認してみてください。手ごたえがあれば流れる可能性が高いでしょう。数時間たっても変わらないようなら業者にお願いすることをおすすめします。

未分類 0 Comments

自分でトイレのつまりを対処する方法ですが、始める前にウォシュレットの付いたトイレの場合は電源を切っておきましょう。そうしておくことで避け砂水が増えることなく、感電防止にもなります。そして前述したとおり止水線を閉めましょう。止水線の位置はトイレによって異なりますが、大体トイレのタンクに繋がっている給水間の部分についています。止水線が硬くて回らなかったり、位置がわからない場合は元線を閉めましょう。

作業する前に次の道具を準備しておきましょう。ラバーカップ、水の入ったバケツと空のバケツ、ゴム手袋、新聞紙、ビニールシート。水が溢れてしまったときのために雑巾や、詰まったものを入れられるビニール袋などもあるといいです。便器の中の水が半分ほどの状態から作業しましょう。多いとすぐに溢れてしまいます。床には水が飛んでも大丈夫なように新聞紙をひきます。ラバーカップをビニールシートに通しておくと水の飛びちりが予防できます。そのままラバーカップを便器の排水口に押し当て、水を吸い取るように引いていきます。このときしっかりとラバーカップが便器に密着するように気をつけましょう。この作業を繰り返し、つまりが取れたようならバケツで水を流し確認してみます。水が流れた問題ないでしょう。

未分類 0 Comments

私たちの生活に必要な水。家事にもお風呂にもトイレにも水は使うので、トイレのつまりや水回りでトラブルが起こってしまうと大変です。つい慌ててしまいますが、そんな時は落ち着いて対処していきましょう。急いで業者を呼ぶ前に、自分で解決できることがあるかもしれません。

水周りといっても様々。キッチン、トイレ、お風呂、洗面所、どれも共通して起こるトラブルは水が止まらなくなることです。修理するにも水が漏れていてはできないので、まずは応急処置として水道の元線を閉めましょう。水が漏れたままでは水道代もかかってしまいます。ただ元線を閉めてしまうと家全部の水が出なくなってしまうので、トラブルの起こった部分の止水線がある場合はそちらを閉めたほうが便利でしょう。止水線はマイナスドライバーで時計回りにまわすことで閉めることができます。

ここからは水周りの中でもトイレについてのトラブルの対処法を説明しましょう。トイレのトラブルにもいろいろあります。トイレの詰まり、水の量、水漏れなど細かく分ければたくさんですがやはり一番多いのはトイレの詰まりでしょう。基本的にトイレットペーパー以外を流せばトイレは詰まってしまいます。またトイレットペーパーの使う量次第ではそれでも詰まる可能性もあります。詰まりの原因のもによっては専門の業者に頼まなければ取り除けませんが、ラバーカップを使って自分で対処できることもあります。まず業者を呼ぶ前にチャレンジしてみると良いでしょう。

(外部資料)水漏れカイケツくん|トイレつまり専門業者