トイレが詰まったら

未分類 0 Comments

自分でトイレのつまりを対処する方法ですが、始める前にウォシュレットの付いたトイレの場合は電源を切っておきましょう。そうしておくことで避け砂水が増えることなく、感電防止にもなります。そして前述したとおり止水線を閉めましょう。止水線の位置はトイレによって異なりますが、大体トイレのタンクに繋がっている給水間の部分についています。止水線が硬くて回らなかったり、位置がわからない場合は元線を閉めましょう。

作業する前に次の道具を準備しておきましょう。ラバーカップ、水の入ったバケツと空のバケツ、ゴム手袋、新聞紙、ビニールシート。水が溢れてしまったときのために雑巾や、詰まったものを入れられるビニール袋などもあるといいです。便器の中の水が半分ほどの状態から作業しましょう。多いとすぐに溢れてしまいます。床には水が飛んでも大丈夫なように新聞紙をひきます。ラバーカップをビニールシートに通しておくと水の飛びちりが予防できます。そのままラバーカップを便器の排水口に押し当て、水を吸い取るように引いていきます。このときしっかりとラバーカップが便器に密着するように気をつけましょう。この作業を繰り返し、つまりが取れたようならバケツで水を流し確認してみます。水が流れた問題ないでしょう。