それでも流れない場合は

未分類 0 Comments

ラバーカップを使ってもつまりが取れない場合は、配水管に水に溶けない物が詰まっている可能性があります。また配水管自体の不具合である場合も。その時はやはり専門の業者に依頼したほうが良いでしょう。

また、詰まっているものがわかっていてそれが水に溶けるものなのにラバーカップでは取れない場合、お湯を使った処法があります。この方法を行う前には必ず窓やドアを開けて換気をしてください。用意するものは重曹と穀物酢とぬるま湯です。これを今の順番に便器に流していきます。この時使うお湯は必ずぬるま湯にしてください。熱湯をかけてしまうと、便器は陶器で出来ているため熱で膨張して便器が割れてしまうことがあります。そうなると修理もできなくなってしまうので気をつけましょう。ぬるま湯の目安としては手で触れるほどの熱さが良いです。穀物酢を流すと、化学反応で泡が立ち二酸化炭素が発生します。換気は十分に行ってください。すべて入れたあとは一時間ほど置いておきます。この際、途中でラバーカップを使用してつまりの緩みを確認してみてください。手ごたえがあれば流れる可能性が高いでしょう。数時間たっても変わらないようなら業者にお願いすることをおすすめします。